置き型複合機ブラザー シャープ等 VS インターネットFAXサービス『eFAX』

置型FAXVSefaxロゴ (1)

イーファックス

これまでインターネットFAXサービス『eFAX』の

メリットについてご紹介してまいりました。

 

しかし、

従来の置き型FAX複合機(ブラザー シャープ等)

よりもどの点がどのように優れているのか

よくわからないと言う方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は、置き型FAX複合機と

インターネットFAXサービスの

イーファックス(eFAX)の特徴を

細かく比較してみたいと思います。

 

 

置き型複合機の場合(ブラザー シャープ等)

置型FAX

・固定費

 月々2,625円(NTT東日本事務用3級局の場合)

・FAX送信料

 2,924円(NTT介入回線を使用と仮定、(市内8.925円/3分×10件)+(市外31.5円/3分×10件)+(県外84円/3分×30件)。1回にA4原稿3枚の送信を仮定した場合)

・使用機器

 置き型複合機またはFAX

・消耗品

 感熱紙、トナー、インクリボン、用紙など

・受信原稿代

 450円(受信の用紙とトナー代金合わせて1枚3円と仮定した場合)

 

次に、インターネットFAXサービス『eFAX』について確認してみましょう。

 

 

イーファックスプラス(eFAXplus)の場合

efaxロゴ (1)

・固定費

 <月払いプランの場合>1,500円<年払いプランの場合>1,250円

 

・FAX送信料

 毎月150ページまで無料。151ページ以降1ページ10円

 

・使用機器

 パソコン、携帯電話、スマートフォン

 

・消耗品

 必要ありません

 

・受信原稿代

 0円

 

コストの違いは一目瞭然ですね。

eFAX,イーファックス

また、これまでの置き型FAX機と違い、

どこでも使用できることや、居住地に関係なく

FAX番号を取得できるというのは、

 

インターネットFAXサービス『eFAX』だけが

持っている大きな利点です。

 

この記事を参考にしていただいて、

一度事業所のコスト削減を考えてみませんか。

eFAX,イーファックス

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ